「キンジソウ(金時草)=スイゼンジナ」(ギヌラ・ビコロル)-Gynura bicolor-

キク科・ギヌラ属

熱帯アジア原産
キンジソウ、金沢で育った私には、今は、「加賀野菜」というブランドの一つになっていることがまぶしい感じですが・・・。
葉をさっと茹でて、酢の物にすると、ぬめりのある独特の風味がありました。

御覧のように、葉の裏側が紫色です。表の緑と裏の紫の二色が、種名ビコロル(二色の)に通じます。

沖縄でも、食用とされたようですが、最近では、もっぱら金沢界隈で栽培。葉裏の紫色の部分に、アントシアニンという成分が含まれているので、健康食品として県外にも出荷され、 ここ東海地方でも、時々店頭に並んでいるのを見かけるようになりました。
これまで、葉物野菜として見ていたキンジソウは、花を見ると、キクの仲間であることがよくわかります。

温室内では、時に、もう一つの「ギヌラ」が、観賞用として展示されます。


このキンジソウについて調べているときに、やはり金沢のご出身の方のサイトを見つけました。いろんな観点からキンジソウを知ることが出来ますので、 ぜひご覧になってみてください。→「金時草のすべて」

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ