「ケマンソウ=タイツリソウ」 (ディケントラ・スペクタビリス) -Dicentra spectabilis-

ケシ科・ディケントラ属

中国 原産
弓なりに伸びた花茎に、濃いピンクまたは白の、面白い形の花が10数個ぶら下がります。 結構普及している花なので、ご存知の方は多いと思います。
登山をなさる方は、高山で見られる「コマクサ」に似てると思われたかもしれません。 属は同じです。

タイツリソウは、釣竿の先にタイが見事にかかって・・・なんて夢のようなネーミングですが、 ケマンソウのケマンってなんでしょうね。
ケマンは、漢字で書くと、「華鬘」、これは、仏様が首に掛けている飾りで、ウチワのように薄く丸いものを 連ねて下がるように出来ています。

我が家のプランターでも、毎年、春になると、何もなかった土の中から、唐突という感じで葉を展開し始め、 見る見る花茎を伸ばし、可愛い花をいくつもぶら下げます。
この花の形、ユニークですねえ。
ちょっと観察してみました。

花が咲くと、蕚はすぐに落ちてしまうのだそうですから、この写真ではもう蕚は存在せず、 ピンクの花弁と、柱頭を保護している白い花弁がそれぞれ二枚ずつあるようです。
白い花弁は、 スプーンのように先が膨らんで、メシベとオシベをしっかりガードしています。開いてみると、 あたかも自家受粉が済んでいるかのように、スプーンの中は、柱頭の先は花粉まみれでした。
両側のオシベの方も、二枚の薄い膜が、ガード補強しているように見えます。
これは、虫の手助けを借りることなく、自家受粉をするだけなのでしょうか。
最後の写真は、自然のままの状態です。上着は、オシベ・メシベの先端にくっついたまま、ぶら下がっていて、 やがてこの上着だけ脱落。子房は、それ以上成長もせず、死亡となりました。
この疑問に、水生植物室の「モミジバウチワ」のページで、サトイモ科の花の仕組みを知るため、ミズバショウを紹介した、リンク先「石川の植物」の中に、 ケシ科の仲間 「ムラサキケマンとミヤマキケマン」の詳しい説明が ありましたので、参考にしてみてください。
花の付け根の部分には、この撮影の間中、手がベトベトするくらい蜜がたまっていました。 花粉もあちこちに飛び散りました。 舐めてみたいけど、ケシ科ですから、あぶない・・・かな。

(名古屋市立東山植物園・ 西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ