「カルセオラリア・インテグリフォリア(=ルゴサ)」 ーCalceolaria integrifolia(=rugosa=fruticohybrida)ー

ゴマノハグサ科・カルセオラリア属

中南米原産
アンデス山系とニュージーランドに500種も分布しているのだそうです。
カルセオラリアはイギリスやドイツで、次々交配種が作出され、花色も豊富です。
これは、斑点の入らないタイプで、袋状の部分にしわが入ることから和名「チリメンキンチャクソウ」といいますが、 「キンチャク(巾着)」を理解できる人も少なくなってしまった気がします。 日が過ぎると、ぽろぽろ巾着型の花が落ち始めたので、ちょっと中を覗かせてもらいました。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ