「カラタネオガタマ」(ミケーリア・フィゴ)-Michelia figo-

モクレン科・オガタマノキ属

中国原産。
一輪、つぼみが開きかけるだけで、 その周りに完熟バナナのような濃厚な香りが漂います。
気温が高くなる午後になると匂い始めます。
別名トウオガタマ。 英名はBanana shrub。
右側の写真は、我が家のもの。春と秋、沢山の花を咲かせます。東海地方では、外で充分育つのですが、 多分、温室創設当時は、貴重品扱いで、温室に植栽となったのでしょう。

ガイド仲間の岩瀬宅では、実がなったいうことで、写真を撮らせていただきました。大きさは、小豆粒ぐらいです。
我が家では、花数が多いにもかかわらず、果実は出来ません。適応するポリネータ(花粉媒介者)が近くにいないのでしょうか

(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ