「ハナシュクシャ」(ヘディキウム・コロナリウム)-Hedychium coronarium-

    ショウガ科・シュクシャ属

インド原産。
英名が Ginger lily なので、最近は、ジンジャーといったほうが通りがいいかもしれません。
晩夏から秋にかけて、1-2メートルぐらいのミョウガのような葉の間から、チョウが舞っているような、 白い花を咲かせます。夕方から、甘くやさしい香りがしますよ。
観賞用は勿論、花から精油を採るために栽培されています。
和名ハナシュクシャは「花縮砂」、本によっては、シュクシャと書いてあるのも見かけますが、 シュクシャは、学名がAmomum xanthioidesで、濃紅色の花が咲き、その種子は、健胃の漢方薬です。
また、香辛料のショウガと同じような根茎を作りますが、学名も違い、まったく別のものです。

キューバ共和国やニカラグア共和国の国花にもなっているのですね。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室の北側外)

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ