「イポメア sp.」-Ipomoea sp-

    ヒルガオ科・イポメア(サツマイモ)属

中南米原産 

この鉢植えの表示には、「観賞用サツマイモ」とあります。
花は、一般的なヒルガオと変わらないなあ・・・と、とりあえずは写真を撮って帰り、調べてみて分かりました。
鑑賞するのは、花ではなく、葉だったのです。
カラーリーフとして、最近は、寄せ植えの下草の代わりに使われるのですね。 若草色から赤紫まで、いろんな色と、切れ込みの変化した葉っぱが流通しているようです。
私たちが食用にするサツマイモの仲間ですが、観賞用というだけあって、イモの方には栄養が行かないようで、食べても美味しくないのだそうです。

ヒルガオの花は、身近に見られますが、サツマイモの花は、短日性(昼の長さより夜の方が長くなると咲き出す性質)で、日本では、 沖縄以南でないと花が見られないのですね。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ