「イヌスギナ」(エキセツム・パルストレ)-Equisetum palustre L.-

トクサ科エキセツム属

日本・暖温帯。
あれ、こんなところにツクシ・・・と思わず立ち止まってみると、ちょっと雰囲気が違うのです。
ツクシ(胞子嚢穂)やスギナ(栄養葉)の出方と違って、スギナの先端にツクシがくっついているのです。
茎は細く7-80センチあり、中空ですから、大きくなりすぎると、だらしなく倒れます。
似たものに、イヌドクサ、ミズドクサなどがありますが、茎の中空率や、鱗片の長さなどで見分けるので, 3種並べてみないことには、見分けは難しそうです。
展示用の植栽植物ではなく、どういうわけか、温室に紛れ込んできたものです。
居心地のよさに今ではすっかり定着し、少しずつテリトリーを広げているように見えます。

(名古屋市立東山植物園・水生植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ