「インパチェンス・ウァレリアナ」 -Impatiens walleriana-

ツリフネソウ科・インパチェンス(ツリフネソウ)属

熱帯アフリカ原産。
和名は、アフリカホウセンカですが、最近は、インパチェンスの方がポピュラーです。
日向でも半日陰でもOKという、園芸家にとっては都合のいい植物です。
色数も増え、絞りの模様が入るのも、ミニバラのような八重咲きもあります。
インパチェンスとは、ラテン語の、我慢できない、という意味からきています。ちょっとした刺激で タネをはじき飛ばしてしまうところからついた名前です。
宿根草のニューギニアインパチェンスも、最近はかなり普及してきています。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★西花卉室 へ ★花夢」収録一覧へ