「ホテイアオイ」(エイクホルニア・クラッシペス)-Eichhornia crassipes-

    ミズアオイ科・エイクホルニア属

 熱帯アメリカ原産
葉柄が丸くふくらんで、その形が七福神の布袋さんの大きなお腹を思わせるところからつけられた名前です。 この中に空気が入っていて、浮き袋のように葉が水面に浮かびます。
金魚の水槽によくいれてありますね。
観賞用に導入されたものが、今では帰化植物となって、池や沼、水田にも繁茂しています。
とってもきれいな花ですが、繁殖力の強いものは、在来種を駆逐してしまうので、厄介者です。
すぐ近くには、同じミズアオイ科の「エイクホルニア・アズレア」も花を咲かせています。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室後ろの中庭)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ