「ヒメイタビ」(フィカス・ツンベルギイ)-Ficus thunbergii-

クワ 科・イチジク属

本州から中国原産
雌雄異株で、気根で他のものに絡みつきます。
ここでは、気根だらけの大型シダに絡んでいます。
よく似たものに、オオイタビやイタビカズラなどがありますが、葉先が尖らないこと、葉の裏や、茎に毛が多いことなどから見分けられます。
また、葉の表面にあまり艶が無いこと、葉脈の角度なども、見分ける基準になります。
この花嚢(かのう)はまだ新しく、これから、青紫色に変わっていくだろうと思います。

花嚢とは、イチジク属特有の、花であり実でもある漢字で書くと「無花果」状態です。
これを文字で説明するのは、とても大変なので、詳しく観察してよく分かるブログを、TOMさんからお借りすることにします。
こちら写真入りの 「イチジクの花の謎」です。

(名古屋市立東山植物園・シダ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★シダ室へ ★「花夢」収録一覧へ