「フイリソシンカ」(バウヒニア・バリエガタ)-Bauhinia variegata-

    マメ科・バウヒニア(ハカマカズラ)属

 中国南部〜インド原産

大きめのあでやかな花を咲かせています。
華やかさがランにも似るため、英名は、オーキッドツリーと言います。
学名バウヒニアというのは、葉の形からついた名前です。先が二つに分かれた葉を、スイスの双子の植物学者ヨハン・バウヒン、カスパル・バウヒン になぞらえてつけられました。
同じものを見て、日本人は袴(はかま)を連想したので、ハカマカズラとも言うのです。
インドでは、若芽や花の後に出来るさやを、食材にするようです。
マメ科の特徴の一つに、夜、葉を閉じて眠っているように見えるということがありますが、これも、折りたたんでしまうようです。

(名古屋市立東山植物園・ラン室前・鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★中央ヤシ室、へ ★「花夢」収録一覧へ