「フイリイノモトソウ」(プテリス・エンシフォルミス’ヴィクトリアエ’)-Pteris ensiformis 'Victoriae'-

イノモトソウ科・プテリス(イノモトソウ)属

日本からニュージーランドに分布
「ホコシダ」 Pteris ensiformis の園芸品種で、葉脈に沿って白い斑が入り、とてもきれいです。
常緑性で匍匐性のある根で広がります。
栄養葉と胞子葉に分かれ、生きていくための栄養葉は、低い位置にあってしっかり株を支え、子孫の繁栄のために胞子を飛ばすための胞子葉は、 少しでも遠くへ胞子を飛ばそうと、高い位置に茎を伸ばしています。
葉の形も少し違い、胞子葉は細めで、長い葉の両側に胞子嚢を並べています。その胞子嚢群(ソーラス)を守るかのように、葉の縁が薄い膜状になって、裏側へ巻き込んでいます。

(名古屋市立東山植物園・シダ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★シダ室へ ★「花夢」収録一覧へ