「フェイジョア・セロウィアナ」-Feijoa sellowiana O.Berg-

フトモモ科・フェイジョア 属

南米原産。

スペインの植物学者フェイホア(D.da Silva Feijoa)に因んでつけられた名前です。
綿毛のついた花弁と、赤いしべがとてもかわいらしい花ですが、その果実は、まだ、 あまりなじみのないフルーツのひとつでしょうか。
原産地は南米ですが、日本に輸入されているのは、ニュージーランドからのものです。
パイナップルグァバという名前もあり、完熟した卵型の果実の味と香りを表現しているのでしょう。
低温にも耐えるので、日本でも、暖地なら育てられそうです。

最後の写真は、ガイド仲間からの頂き物、果実です。これはまだ未熟、黄色くなったら食べごろです。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室西側外)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★花夢」収録一覧へ