「エクメア・キリンドゥラタ」-Achmea cylindrata-

パイナップル科・エクメア属

ブラジル、アルゼンチン原産
中南米産植物室の奥、パイナップル科の植物が、ずらりと並ぶ場所、崖っぷちという感じのところに、5月ごろにひっそりと花をつけます。
そして、花が終わると、青い花なんか無かったかのように、赤い、松ぼっくり状に変身します。
このきれいな、濃いピンク色の松ぼっくりみたいなもの=花苞(かほう)と言い、自然界なら、その中で、果実が出来つつある状態なのです。
サイズは、小さめ松ぼっくりと同じぐらいです。
ロゼット状に展開した葉の間から、顔を出している赤い松ぼっくり、といった感じです。
でも、この姿も、なかなか魅力的、花が終わっても長く楽しめる植物ですよね。

青い花の写真は、あさやんさんからの提供です。私が写したときは、少し時期がずれて、良い花写真が撮れなかったので、ありがたく、お借りすることにしました。

(名古屋市立東山植物園・中南米植物室の奥壁面)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中南米植物室へ ★「花夢」収録一覧へ