「ダンガイノジョオウ(断崖の女王)」(シンニンギア・カネスケンス) -Sinningia canescens (=S.leucotricha )(=Rechsteineria leucotricha)-

イワタバコ科・シンニンギア属

ブラジル原産

英名は、Brazilian edelweiss。
灰緑色の毛に覆われて、ベルベットのような手触りの葉っぱの上に、鮮やかなオレンジの花がとてもきれいです。
これは、イワタバコの仲間なのですね。
断崖の女王とはすごいネーミングですが、英名では、銀白毛が密生しているところから、ブラジルのエーデルワイスと言われ、険しい崖に生えているところからついた名前です。
ところで、女王様の足元は…、まあるい芋(塊茎)の真ん中から茎が立ち上がっているのです。
乾燥地に対応して、水分を溜めておくことが出来るような仕組みを持ち、多肉植物の仲間です。
冬は、上部は枯れてしまい、この塊茎だけが残ります。

(名古屋市立東山植物園・ 多肉植物室・中南米室背面崖の上)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★中南米室へ ★「花夢」収録一覧へ