「ボーウィエア・ウォルビリス」 -Bowiea volubilis-

ユリ(ヒアシンス科)科・ボーウィエア属

南アフリカ 原産

ソウカクデン(蒼角殿)という和名があります。 英名は、クライミング オニオン(climbing onion)です。
玉葱の親分のような大きな球根(鱗茎)から長いつるが伸びている、奇妙な多肉植物です。
自生地での鱗茎の大きさは径10センチから大きなものでは30センチ近くのもあるとか。
鱗片状の葉を出すのですが、すぐに脱落してしまい、その後、つる性の花茎が、 細かく枝分かれしながら伸びていきます。、
このミニジャングルの中、ジッと見ていると、1センチに満たない小さな花が隠れているのが分かります。 茎と同じような色の花なので、ほとんどの人が、見過ごしてしまいます。
普通、花は、ポリネーター(送粉者)を誘うため、あの手この手で目立たせようとするのに、 背景に埋もれてしまうような花を咲かせるのは、珍しいと思います。
上部が枯れると、このような塊茎が残り、また時期が来ると、茎を伸ばしてきます。

(名古屋市立東山植物園・ 多肉植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ