「ビロードウチワ」(アンスリウム・マグニフィクム)-Anthurium magnificum-

サトイモ科・アンスリウム属

コロンビア原産
葉脈に沿って入る、白い筋が、美しい植物です。
サトイモ科の葉っぱには、よく似たものが多く、迷います。
この葉っぱに、そっくりなのに、アンスリウム属ではなく、フィロデンドロン属の「ビロードカズラ」というものもあります。
模様だけでは、これだとは断定できないので、茎を触ってみました。
資料での見分け方は、茎は、四角形とあります。写真のように、はっきりした四角ではありませんが、二本の稜が見られます。

サトイモ科の花は、肉穂花序(にくすいかじょ)=穂状花序の主軸が肉厚に膨らんだもの、太い肉質の中軸の周囲に無柄の小花が密生しているもの、という形をとります。6枚目の写真は、個々の花がきれいに並んだ状態です。そして、最後の写真は、完熟した果実です。

栽培して流通、というシステムには乗らない、高温と日陰が好きな植物です。

肉穂花序について、細かく観察した、いいサイトがありますので、 「こちら」の、ミズバショウをご覧ください。

(名古屋市立東山植物園・水生植物室左奥角)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ