「ベニチゴ(紅稚児)」(クラッスラ・ラディカンス)-Crassula radicans-

ベンケイソウ科クラッスラ属

南アフリカ原産

緑の葉と、白い小さな花の集まり。 紅稚児の紅は何処から来た名前でしょうか。

「ヒマツリ」のように、 気温の変化により、紅くなる時期があるのですね。
気温が低く、日がさんさんと降り注ぐ季節、肥料を抑えた過酷な条件下で、多肉の葉が真っ赤に染まるようです。 温室育ちでは、本来の名のもとになるベニは、せいぜいこの程度です。
茎だけは、赤いのですが・・・。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ