「ベゴニア・バイザーシュネー(冬咲きベゴニア)」-Begonia Veisser Shune-

シュウカイドウ科・ベゴニア属

園芸品種
球根性ベゴニアで、アラビア海のソコトラ島にしかないベゴニア・ソコトラーナと南アフリカ産のベゴニア・ドレーゲイの交配で作られたものです。
この種をもとにして、他にも多くの品種が作出されています。
クリスマス時期に園芸店に出回る事から、「クリスマス・ベゴニア」の名前もあります。

ベゴニアの原種は、2000種以上、交配種は15000種あるとされています。日本国内には、その内、原種600種、交配種約2100種が導入されているそうです。

短日性なので、夜間明るすぎると花芽がつきません。

ベゴニアは、大きく分類すると、8つに分かれます。科学的な分類ではなく、園芸課の便宜上のものです。
木立性、根茎性、球根性、レックス、センパフローレンス、冬咲き、エラチオール です。
ベゴニアの分類について、もっと知りたい方は、「こちら」をご覧ください。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ