「ベゴニア・レニフォルミス」-Begonia reniformis-

シュウカイドウ科・ベゴニア属

ブラジル原産
別名はBegonia palmifolia
英名は、Grape-leaf begonia、つまり、ブドウの葉っぱに似ているということです。
全部ではないけれど、ブドウのように、浅い切れ込みが入る葉があるからです。
この花が面白いところは、ベゴニアの雌花は、翼状突起(よくじょうとっき)つまり、花弁の下の種をつける場所が、平たく飛び出しているのですが、普通はタネを納めている子房の3個が、均等に薄い突起がつくのに対して、この花は、一枚だけ、異様に、横に張り出します。
その突起のは、横から見ると、チョウが停まっているようにもみえます。
葉の裏は、赤みを帯びています。

(名古屋市立東山植物園・中南米産植物室入口)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中南米産植物室へ ★「花夢」収録一覧へ