「ベゴニア・ハンデリイ」-Begonia handelii-

シュウカイドウ科・ベゴニア属

中国雲南省・インドシナ原産
根茎性ベゴニアで、中国名「大香秋海棠」という字が当てられているのも納得、周りにいい香りを漂わせています。
標高150〜850メートルあたりの、湿った場所や竹林の斜面に自生していたものが、流通してきたもののようです。
多くのベゴニアの花は、葉より上に花をつけるのに、これは、根元にひっそりと花を咲かせています。
また、花は、普通のベゴニアの大きさの2倍近くはあります。

ベゴニアは、大きく分類すると、8つに分かれます。科学的な分類ではなく、園芸課の便宜上のものです。
木立性、根茎性、球根性、レックス、センパフローレンス、冬咲き、エラチオール です。
ベゴニアの分類について、もっと知りたい方は、「こちら」をご覧ください。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ