「ベゴニア・アコニティフォリア」-Begonia aconitifolia-

シュウカイドウ科・ベゴニア属

ブラジル原産
木立性ベゴニアの原種です。
アコニティフォリアとは、漢方薬にも使われている、毒草トリカブトのような葉、という意味ですが、葉の、切れ込み状態や、葉の裏に出てくる シュウ酸などからつけられた名前です。
でも、切れ込みが深い葉に、白い斑が入り、きれいです。花柄が、薄いピンク色で、緑の葉の下で、いいアクセントになっています。
ベゴニアは、大きく分類すると、8つに分かれます。科学的な分類ではなく、園芸課の便宜上のものです。
木立性、根茎性、球根性、レックス、センパフローレンス、冬咲き、エラチオール です。
ベゴニアの分類について、もっと知りたい方は、「こちら」をご覧ください。

(名古屋市立東山植物園・中南米産植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中南米産植物室へ ★「花夢」収録一覧へ