「バルボフィラム(=ブルボフィルム)・マキシマム」-Bulbophyllum maximum-

ラン科・バルボフィラム属

アフリカに広く分布
自生地でも、比較的、標高の高い地域(600〜2100メートル)、河川に近い森林地帯にある着生種です。
不思議な形をしています。茶色の花茎は扁平で、くねりながら伸びていきます。
そのユニークな形から、コブラオーキッド、とも呼ばれています。
その花茎の両側に、縦一列に花芽が付き、次々と開花していきますが、花は、なんとも小さくて、遠目には、黄色い粒粒がついているように見えます。
シノニム(同義語)に、メガクリニウム・フラクシデューム(Megaclinium flaccidum)があります。

(名古屋市立東山植物園・サガロ室前ハンギング)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★ラン室前へ ★「花夢」収録一覧へ