「ブレイニア・ディスティカ 'ロゼオピクタ'」-Breynia disticha cv.Roseopicta-

トウダイグサ科・ブレイニア属

西インド諸島原産。

普段は、雪をかぶったような白い斑が入った葉ですが、新芽を展開するときは、茎は赤く、白い葉もピンクが混じり、とてもきれいです。。

花は単性花で、葉の裏に隠れるように、葉腋に一個ずつうつむいてひっそりと咲いています。
花径は5ミリほどですが、ラッパ型のために写真にはまん中が暗く写ってしまいます、明るい方へ向けて、ようやく中が確認できました。
資料によると、雄花は、花弁を内側に巻き込んで、開かない、とあるので、ここに並んでいるのは、多分みな雌花であろうと推測します。
また、この雌花については、子房が3室あり、各室に2個の胚珠(はいしゅ)、柱頭(ちゅうとう)は、殆ど分岐せず、ときに、短く2裂するとあります。顕微鏡の世界ですね。

和名は、「ヨウシュコバンノキ」。洋種ってことは、日本にも仲間があるってこと?
 調べてみると・・・、 同じトウダイグサ科コミカンソウ属に、 「コバンノキ(小判の木)」がありました。
2007年年明けには、3枚目の写真のように、小さな1センチ弱の果実が出来ていました。

(名古屋市立東山植物園・ハワイアン室・奥)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★ハワイアン室へ ★花夢」収録一覧へ