「ミキナシサバル」(サバル・ミノール)-Sabal minor-

ヤシ科・サバル属

アメリカ南東部原産
クマデヤシ、チャボサバルとも呼ばれています。
ミキナシは幹無しつまり、サバルヤシの仲間のうち、幹が地上に伸びず、地下でうねりながら大きくなっていく種類です。
非常に寒さに強い種類であり、ヤシ科としては、高さがあまりないので 掌状葉を楽しむ,庭木として家庭で育てることも可能です。
この写真では、お分かりにならないかもしれませんが、地際から、掌状葉(しょうじょうよう)(葉柄の先端から小葉が何枚か、 手のひら状に出たものを言い、掌状複葉ということもある)が重なり合うようにたくさん出ています。

全体としての花は地味ですが、一つ一つは、とてもかわいらしい花なのです。そして、果実になる確率、殆ど100パーセントではないかと思われるくらい、 夏にびっしり実をつけ、垂れ下がっています。

東京ディズニーシーに、沢山植栽されているという情報がありました。。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室入り口左)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ